ブラック企業を辞めるには?

転職

 

退職届けを出す

先の記事にも書きましたが、精神的に会社と話ができる状況であれば、退職届けを出せばいいだけです。理由も答えたくなければ、答える必要もありません。 従業員が退職の意思を示すと、ブラック企業であれば責任を取れとか、金銭を要求したりとか、後任者が見つかるまで退職させないというケースもあるようですが、全く応じる必要はありません。

退職代行サービスとは?

ブラック企業で心身疲れ果て、さらには精神的に支配されている状態で怖くて退職のことを言えない状況にあるかたもいらっしゃいますね。そういう方こそ一刻も会社を辞めるべきですが、支配されているがために辞めることができない、そういった方のために退職の手続きをすべて代行してくれる業者がいます。 それがいわゆる、退職代行サービスというものです。
退職代行サービスを使うメリットは、

  • 自ら会社と対峙する必要がなく、手続きをすべて行ってくれる(したがって、引き留めにあうこともない)
  • 弁護士がいる退職サービス会社もあり、会社とのトラブルにも対応してくれる
  • 何よりも退職を伝えるという精神的負担から解放される。

無論、デメリットもありますが、それは費用がかかるということくらい。

Sponsor Link

退職代行サービス 3選

退職代行Jobs

話題の退職代行サービスを提供する「退職代行Jobs」

現在キャンペーンで29800円(税込)の追加費用なしで代行サービスをしています。通常は49800円。 24時間対応で、複雑な問題には同社の顧問弁護士がサポートしてくれる体制となっている。

退職代行「EXIT]

退職代行「EXIT」

即日対応を売りに、最初はラインやメールで無料相談あり。
費用は正社員の場合5万円、パート・アルバイトの場合3万円。この業界では大手のサービス会社です。

弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人みやびの退職代行サービス
ラインやメールでの無料相談があります。弁護士が対応するので、有給未消化の問題、未払い給与、退職金などの請求手続きもしてくれる(別料金)。 退職代行のサービスは55000円(税込み)プラス 諸費用(郵送費など)。 やはり弁護士事務所のサービスということで信頼はあると思います。

最後に、退職は自分で手続きできますよ!

同じことを繰り返しますが、退職は自分で手続きするのが一番安上がりです。でも、そういう状況でない時には、退職代行サービスを使って、心の平安を取り戻せると考えればそれも十分ありですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました