ブラック企業の見分け方

転職

 

Sponsor Link

この会社ブラックでは?

転職先を探してある程度ターゲットが見えてきたときに、誰でもこの会社は大丈夫なのだろうか? 自分に合っているのだろうか? 実はブラックなのでは?と心配になることも多いと思います。
これは確実に判断する方法というのは入社してみる以外ないのですが、結構あたる見分け方が実はあります。

簡単にブラック企業を見分けられる方法があります。

書類や面接などの手続きがやたら面倒くさい会社(ホワイトの可能性高い)

(Webで履歴書を送付して、性格診断テストを受けて、更に書面で履歴書を要求されたり、面接が何度もあったりetc)、また内定を貰ってからやたら書類を要求されたり、身元保証人を要求する会社ってありますよね。 こういう会社ってどう思われますか?
面倒くさい会社だな、入社してからも面倒なんだろうな、と思いません? 実はこういう会社はブラックである確率が低いんですなぜかというと、入社してくる方を慎重に選んでいるということは、採用している会社にとっても手間のかかることで、それだけ会社に合う方を選ぼうとしているのがわかりますよね。 そして、手間をかけるということは、コストもそれだけ掛かっているということですので、折角入った方に辞められるというのは会社にとっても痛いことなのです。
更に内定後の手続きを細かく行うというのは、すべての手続きを社内規則ならびに法律に沿った形で行っているということであり、とてもモラルの高い会社であることは分かりますね。すなわち、労働法に違反するようなサービス残業や使い方はしない会社である可能性が高いということです。
ある時友人が、転職活動をしている時に愚痴をこぼしていて、

「今応募している会社滅茶めんどくさいんだよ、書類も沢山ださなきゃいけないし、やめよっかな」と言っていたので、多分それはホワイトの可能性高いよとアドバイスして、結局入社したんですが、そのあと感想を聞いたら「めっちゃホワイト」といってましたよ。 ちなみに彼が入社した会社は大企業ではなく、いわゆる新興の不動産会社でした。 この法則は会社の大小には関係ないと思っています。

もう一つは口コミや評判を調べることです。

一番簡単なのが、働いている人に話を聞いてみるのが一番ですが、新卒の採用とかでOB訪問とか、知り合いがいる場合でないと難しいですよね。
転職サイトの口コミを読んでみましょう。 特に転職会議の口コミは充実していて、今勤務している会社の口コミも数百あり、自分も登録しているので読んでみましたが、かなり的をついている思いました。
参考までにリンクを張っておきます。登録しないと口コミは読めなくなっていますが、完全無料なので心配しないで登録してください。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

社会保険がない

これは論外ですね。 ブラックも真っ黒。絶対やめましょう。

万が一ブラック企業に入社したら?

事前の調査も虚しく、転職した会社がブラック企業で、我慢ならないのであれば、それは早く次の転職先を探すべきです。 確かに次の転職先を見つける上で、そのブラック企業の社歴が短いのは良い印象は受けないでしょうが、面接の際にその問題点を丁寧に説明できれば問題がないことがほとんです。

ブラック企業からどうやって退職するか?

さて、そんなブラック企業から転職しようとしても、本当にヤバイブラック企業では退職すらまともにさせてくれない、下手すると脅されるというブラック企業もあるようですね。
結論から言うと、それまでのパワハラや人間関係などから退職を言い出せない方が多いようですし、中には退職を言い出したところ脅迫されて辞めたくてもやめられないという方もいるようですが、実は退職届けを出して、何を言われようが退職すればいいのです。 たとえ脅すような会話があったとしても、実際に危害を加えるほど経営者もバカではありません。冷静に考えれば、いくら危害を加える、もしくは何らかの秘密を暴くといわれたところで、それをやってしまったら、警察のお世話になる可能性が高いわけで、本当にそんな割に合わないバカなことをする経営者はいないものです。
それでも精神的に辛い、その会社の上司と対峙すること自体が苦だという方もいらっしゃいますね。そういった場合は専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。 最近では退職代行というサービスを提供する会社もあるので利用してみては如何でしょうか?
次は退職代行サービスについて次の記事を参考にしてくださいね。

ブラック企業を辞めるには?
ブラック企業を辞めるのは簡単です。 辞表を提出するだけ。それでも精神的に辞職を言い出せない方は専門のサービスを提供している業者を使うのも一案です

コメント

タイトルとURLをコピーしました