どうしても語学留学に行くなら・・・

留学

どうしても語学留学に行く場合の選択肢

以前の記事で書いた通り語学を目的として留学するべきでないと思っています。

失敗する留学 - 語学留学をしてはいけない!
英語がほとんどできないのに英語や英会話の勉強のために語学留学してもほとんどが失敗に終わります。留学するのであれば、語学とは違う目的をもって勉強すると英語も上達します。 

その理由はこの記事を読んでほしいのですが、あまりにも成功する確率と費用対効果がよくないのです。それでもやはり英語を勉強するために留学したい!という方もいますし、その気持ちが理解できないわけではありません。 そういう方に敢えてお勧めする留学先、それは:

Sponsor Link

語学留学するならコミュニティカレッジにしよう

参考までに米国教育庁のリンクを張っておきますが、通常2年生の短大のような性格をもつ大学ですが、地元の州立大学の3年に編入できる制度があるところが多く、そのプログラムの幅や進路の多様性など日本の短大とは大きく違います。

語学留学でどうしてコミュニティカレッジを進める理由は幾つかあります。
① VISAが取りやすい
② 費用が4年生大学に比べて格安
③ 必ずしも卒業する必要はない
④ 自分の興味のある講義だけを受けることができる
⑤ 入学の際の語学力の要件が厳しくない(TOEFLを必要としないところも多い)
⑥ その気になれば4年生の大学に編入できる
⑦ 日本の大学に単位を認めてもらえる可能性が高い
⑦ 語学学校と違って大学の雰囲気を味わうことができる
⑧ 講義の種類が幅広く、技術系から語学、プログラミング、音楽、教育、福祉、芸術系とほぼすべての分野の選択ができる

どうでしょうか?これでもすべて良いところを書ききれていません。
語学の専門学校ではないのですが、実は英語のコースも充実しており、かつ外国人向けに英語の講義を用意しているところもありますよ。

入学に必要な要件は?

例えば⑤の入学に必要な語学ですが、私の知り合いも通っていたWestchester Community College(ニューヨーク郊外にあります)ではTOEFLの提出は必ずしも必要ありません。ただし、TOEFLのスコアを提出しない場合は、English Training Courseを受けることにより入学できます(ただし、コース後テストあり)。 ちなみにTOEFLで61点取れば、英語はクリアです。
では、万が一English Course後のテストが悪かった場合は?ということですが、大学の単位認定を必要としない授業であれば受講は可能なのです。コースにはESL(English as Second Language)もあり、それを受講しながら実力をつけて、再度チャレンジなんてことも可能です。

4年生大学への編入は?

例にあげた、Westchester Community Collegeの場合、ニューヨーク州立大学を含めて17校も提携校があり、サポートもあります。無論、成績が重要視されるので気合を入れて頑張らなければいけないのですが、でも夢が膨らみますよね?

ご参考までにWestchester Community Collegeのリンクを張っておきますね。
https://www.sunywcc.edu/:embed:cite

英語で読むのがつらいという方、英語がんばりましょう。ただ、最初は厳しいですよね。Google Chromeの翻訳機能をプラグインして使えば、ある程度日本語でも読むことができるので試してみてくださいね

 コミュニティカレッジって何校くらいあるの?

全米で数百あります。 カナダもあるので、相当な数ですね。
コミュニティカレッジの団体があって、そこのホームページでどこにどんな大学があるのか見ることができますので、興味のある方は一度見るといいと思います(同じくGoogle Chromeで翻訳して読んでもいいです)。
https://www.aacc.nche.edu/college-finder/:embed:cite

身近なWestchesterのCollegeを例にあげましたが、感覚としてはかなり4年生に大学に近いところもあり、入学要件はこれでも厳しい方だと思います。  自分に合うところを探すのも、住みたい街を創造しながら楽しいと思いますよ。

コミュニティカレッジについては次の記事でも詳しく触れています。

どうしても語学留学行くなら…②
どうしても語学留学行くなら…②
どうしても語学留学に行くなら・・・③
英会話初心者はまず日本である程度英語の勉強をしてから語学留学に行くべきです。それでもなるべく早く留学したいという方には多彩な授業をリーズナブルな授業料で提供しているアメリカやカナダのコミュニティカレッジをお勧めします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました