英語・英会話の勉強法  海外駐在直前の方へ

英会話

海外駐在する方の為の英語・英会話勉強法

ある日突然上司に呼ばれて、

4月からアメリカ駐在の辞令が出るから、そのつもりで準備してください

え~、英語は最近使っていないし、非英語圏ならともかくアメリカ!?

胃が痛くなってきた・・・海外駐在断れないかな・・・

こんな方多いのではないでしょうか?

以前は英語がかなりできた方でも、使っていなければあっという間にスキルが落ちてしまうのが英語ですので、不安になる気持ちよくわかります(私もそうでしたので)

 

Sponsor Link

海外駐在直前に短期間に英語・英会話力を上げるには?

英語の実力が不足しているが何とか海外駐在までに何とかしたい人

英語の基礎力がない人間に海外駐在の命令があるのかという疑問はあるでしょうが、会社の辞令ほど読めないのも事実です。現に準備をする間もなく異動辞令を貰ってしまい青天の霹靂という方もいらっしゃるでしょう。 そういった方は、

英語・英会話力の何が不足しているのか把握するのが大切

概ね、単語力、文法力(構文を掴む力)が最初の問題となります。

ただ、これを短期に仕上げるのはかなりの勉強量を効率的にやらないと間に合いません。 費用は高いですが、一番失敗しないのは英語のコーチングサービスを使うことです。 費用がとても高いので躊躇するとは思いますが、現在の英語の実力を確認した上で、自分の目標に合わせてカリキュラムを組んで貰えるのと、カリキュラム自体は受講期間を過ぎても次週することとができることを考えれば、高額の受講料は十分見合うと思います。例えば、プログリットは無料のコンサルティングを初回に受けることができるので、合う合わないを確認する上でも無料カウンセリングを受けてみましょう。こちらのリンクから申し込みができます。

短期間でやり抜く英語力を【PROGRIT(プログリット)】

プログリットについての記事も別途書いていますので、参考にしてみてください。

プログリットの評判を徹底検証 - 外資への転職準備や海外勤務を控えている方
最近CMでよく聞くプログリットについて徹底的に検証してみた。 そのカリキュラムは驚くほど基本的に忠実、かつかなりの勉強量を要求される。外資系に転職を考えている方や、海外駐在直前の方など短期に英語力を伸ばしたい方に最適なプログラムである。

そこまで費用を掛けたくない、自力で何とかしたいという方、こちらの記事を参考にしてみてください。 スケジュール管理を自分でできれば、この記事を実行するだけでも十分一定のレベルに達することができます。


英単語の覚え方、勉強方法
英単語を覚えるのは、一部の天才を除いて誰でも苦痛な作業だと思います。 けれどもやり方を変えれば、簡単に覚えられるのです。 その方法とお勧めの単語集を記事にしました。

駐在直前の方はこの記事で紹介している「スーパーエルマー」と「ボキャビル マラソン パワーアップコース」は特にお勧めです。

 リスニング

語彙力もある、基礎的な文法力もあるのに何故か英語(特にネィティブ)が聞き取ることができないという方は、まずは自分で英語のリスニングの問題なのか、基礎力の問題なのか把握してください。 TOEICのリスニング問題をTOEICの公式ページで試してみることができるので、やってみてください。

https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample01.html
問題をやった後にスクリプトを読んで理解できる、単語も知っているということであれば、リスニング能力、特に英語のリズムを聞き取ることできていないことが原因です。 その場合は、こちらの記事を参考にして音読をしばらく続けてみてください。 リスニングの勉強は聞き取ることが一番の勉強と思われがちですが、自分で喋って英語のリズムを身に着けるのが一番大事な勉強となります(無論、多くの英語を聞くリスニングの勉強自体も大事です)。

出直し英会話・英語の勉強方法②(英語の独学)
英語の基本は音読です。 久しぶりに英語や英会話の勉強をする方向けの音読の勉強方法や教材を紹介しています。 さらにシャドーイングの方法、役に立つ英会話アプリの紹介も。

英語の基礎力はあるが、英会話が苦手な人は?

英語の基礎はある、リスニングもある程度できる、だけど喋るのは苦手、という方。それは英語をしゃべる際に使う脳が鍛えられていないということです

これにお勧めする教材があります。 一つはシャドーイング、もう一つは瞬間英作文です。どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)。 この瞬間英作文はシリーズで何冊も出ているので、どんどん進めていってください。
シャドーイングのやり方はこちらの記事を参考にしてください。

出直し英会話・英語の勉強方法②(英語の独学)
英語の基本は音読です。 久しぶりに英語や英会話の勉強をする方向けの音読の勉強方法や教材を紹介しています。 さらにシャドーイングの方法、役に立つ英会話アプリの紹介も。

瞬間英作文はプログリットの記事でも紹介しましたが、プログリットでも使われるくらい効果のある教材で、これを継続して行うことにより英語をしゃべる際の脳の使い方、そして英単語の繋げ方を脳に記憶させることができます。

YouCanSpeak

この瞬間英作文の同じようなトレーニングをパソコンや携帯でシステム的に提供している教材がYouCanSpeakです。
《YouCanSpeak》知ってますか?英語を記憶するための2大原則。

このネット教材は有料なのがネックなのですが、とても良くできていて、レベルとしては瞬間英作文より範囲が広いです Level 1からLeve 4まであるのですが、Level 1は非常に簡単な文を瞬間的に英語で喋る訓練と複数の文を組み合わせて一つの文にする。そしてLevelが上がるに連れて文も複雑で長くなります。

教材の歌い文句ではLevel 4までクリアできればネィティブと議論できるレベルになるというのが謳い文句です。但し、私の経験からすると、この教材でそのレベルに達するというのは、かなり無理があるのですが、英語で喋る能力が格段に上がっていることはかなり実感できますし、実際にかなりのレベルで自分の思いを英語で伝えることができます。

YouCanSpeakの特徴と効果は?

このYouCanSpeakの特徴は一定のルールで日本語を英語に返還していくというもので、具体的には「代入法」という方式です。 この代入法のルールは3つのルールのみの極めてシンプルなもので、これを徹底的に継続して脳の覚え込ませるというものです。

ルール1:全ての英文は3大要素(名詞・動詞・副詞)で成り立っている

ルール2:全ての英文は「名詞化」あるいは「副詞化」することができる

ルール3:「名詞化」「副詞化」は、他の英文の「名詞」又は「副詞」と入れ替え可能

というもので、詳しくはこのページにて解説してありますので、読んでみてください

《YouCanSpeak》知ってますか?英語を記憶するための2大原則。

この方式は英語をしゃべるときに使う脳のトレーニングとしては非常に優れていて、私も使って効果が上がったので非常にお勧めではあるのですが、一つ問題があります。

YouCanSpeakの欠点は?

こnYouCanSpeakの欠点は、この教材で習う英語が非常に不自然な場合があることです(もちろんすべてではありません)。

アメリカ人はこんな風に喋らないよ!

という言い回しも結構のっています。 けれども、実はその点は大した問題ではないのです。

 

そもそも第二外国語として英語をしゃべっている日本人にとって、ネィテイブと同じように喋る必要はないし、そこに労力を使うべきではありません。実際にネィテイブレベルに到達するのは相当な時間をかける必要があり、労力と成果がバランスしないと思います。

アメリカ人だって、日本人が喋るときは多少言い回しが独特でも、理解してくれるよ! 外国人(日本人)の英語は完璧だと思ってないし、そいう人は世界各国からきてるからね。

ということなのです。すなわち語彙力があり、文法が間違っていなければ、仕事で必要なコミュニケーションはちゃんと取れるのです。

 

YouCanSpeakは有料教材

もう一つのデメリットは1年間で49,800円と安くない点です。

確かに「瞬間英作文」を使ってできれば安上がりですし、もちろんそのやり方もお勧めなのですが、YouCanSpeakの場合システムを使うので自分のレベルを記録して、上達が客観的にチェックできるという大きなメリットがあることです。 あとは受講料の49800円を高いとみるかどうかですが、同じレベルの効果を英会話スクールで得ようと思うと、とてもこの値段で済まないことを考えるとお得とも言えます。 この値段でも長年使われているには、そのメソッドにやはり効果があるということですね。

《YouCanSpeak》知ってますか?英語を記憶するための2大原則。

それでは赴任まで頑張って英語を鍛えましょう。

この記事の勉強方法は駐在して継続しても効果テキメンですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました