初心者が失敗する英語の勉強方法

留学
Sponsor Link

英会話初心者が失敗する勉強方法

もう一度復習4つ挙げました

① 英会話スクール
② 留学
③ 聞くだけで英会話マスター系の教材
④ 大学受験用の英語参考書に手をだす。

英会話スクールと留学については既に書いたので、この記事では③と④について理由を書きます。

英会話スクールに行ってはいけない!
初心者が英会話スクールに行くとほぼ失敗して、たいした効果も得ることなく辞めることになります。そうならないために、どのような準備と勉強を英会話スクールに行く前にするべきか説明します。
失敗する留学 - 語学留学をしてはいけない!
英語がほとんどできないのに英語や英会話の勉強のために語学留学してもほとんどが失敗に終わります。留学するのであれば、語学とは違う目的をもって勉強すると英語も上達します。 

教材は効果あるのか?

巷には聞き流すだけで英語がペラペラなどという教材が沢山でていますね。
一番有名なのが「スピードラーニング」ですね。
「音楽のように英語を聞き流す」という説明があり、テレビCMなどでも聞くだけで英語がマスターできるかのような印象を与えています。
更にスピードラーニングのホームページを読んでみると、“「口慣らし」では「聞き流し」で学んだ英語を口に出して、会話の口慣らしをします”とあります。 即ち、聞くだけでなく発音しろと言っているわけです。
実はこれ「シャドーイング」という英語学習では非常に効果的な勉強方法で、私もずっとやっていた方法です。もうわかりましたね、結局「聞き流し」だけでは英語をマスターすることはできないことを、この教材でも説明しているんですね。

この教材はネットでも学習することができるし、「シャドーイング」の教材としてはお勧めです。ただし、英会話教室のケースと同じで初心者がやっても、あまり良い結果にならないと断言できます。
まず「聞き流し」で英語を理解するには、文の構造を想定しながら聞かなければ、いくら聞いても上達しません。
もちろん短い会話文や文章であれば、覚えてしまいますので、理解できたように勘違いします。 ただ、それは単語を知っているから、短い文章だと文全体の意味も自然と入ってきているだけで、少し長い文章になるとお手上げになります。 そして文の構造を想定したり、理解しながら「聞き流す」には文法の基礎知識が不可欠なのです。 よく見ると説明に「難しい文法は後まわしにして、まずは英語をそのものを聞いてください」とあります。すなわち文法の基礎は必要だと暗示していますね。
では、どうすべきか?

苦手な英語を克服する勉強方法
偏差値30代から70にあげることはできるか? 英語が全然苦手でも大丈夫。短期間に偏差値30代から70まであげることができるよ! そんなことできるはずないじゃん。 当然そう思いますよね。けど間違いなくできます。なぜなら私ができたからです。 ...
苦手な英語を克服する勉強方法②
英語が苦手な方の勉強方法を解説。 文法や構文、英単語の勉強はあとに回して、まずは記事で紹介している英語の音読をやってみましょう。ちょっとしたコツをつかめれば、英語や英会話の勉強もスムースに身に付きます。

やはりこの記事に書いてあることに戻ります。 「スーパーSIM」もしくは「スーパーエルマー」をしっかりとやり、文法の参考書を併用する。
英会話を重視して勉強したいかたは「スーパーSIM」ではなく、「スーパーエルマー」をお勧めします。
そしてそのあとに「スピードラーニング」をやり、「聞き流し」ではなく「口慣らし」そして「シャドーイング」に力を入れてやれば、ものすごく実力が伸びます。
もう一度いいます。「聞くこと」は初心者レベルでは重要ではなく、「音読」に時間を使うことを心がけてください。

大学受験用の参考書を使って英会話の勉強をしてはいけない

恐らく高校や受験勉強の参考書や問題集をやって英語が嫌いになった方がかなりいらっしゃるのではないかと思います。
そして、不必要に細かな文法を目的なく教えるので、授業を受けていても理解できないことが多かったと思います(はい、自分のことです)。
特に大学入試では受験者に差をつけるのが目的で試験を作成することから、普段では必要とされない文法の問題や言い回しの問題を出したりするのですが、
それに対応するため受験用の参考書もそのような内容にならざるを得ず、英会話やビジネス英語にはほとんど役に立たないことを勉強することになってしまいます。
かつ問題も難解であることから、途中で投げ出す確率が100%と言えるでしょう。
実際にアメリカに住んでいた時に、大学受験で覚えた英語を米人に喋ったところ、「なんでそんな古めかしい英語喋ってんだ?」といわれたものです。
一方で、英語をマスターするために必要な「音読」や「リスニング」は受験勉強では重視されないので、どんなに英語の知識があっても喋ることができない人間を大量生産してしまうのです。

英文法の参考書 4選
このサイトではスラッシュリーディングを英語や英会話の勉強法としてお勧めしていますが、どうしても文法を確認する場面が必要となってきます。そのための非常に解説がわかりやすい文法書をお勧めしています。大学受験の英文法のように無駄に細かく必要のないものではなく、本当に必要な知識をわかりやすく解説したものに限定しています。 無論、英語が苦手だけどこれから力を入れたいという学生にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました