英会話の短期上達法

英会話

やはり初心者には「スーパーエルマー」は外せない

短期上達法と書きましたが、英語の構文を前から読んで理解する力がないと、英会話の上達はままなりません。 基本的な文法力や構文をつかむ力があるという方は、もちろんスーパーエルマーを飛ばしても構いません。

苦手な英語を克服する勉強方法
偏差値30代から70にあげることはできるか? 英語が全然苦手でも大丈夫。短期間に偏差値30代から70まであげることができるよ! そんなことできるはずないじゃん。 当然そう思いますよね。けど間違いなくできます。なぜなら私ができたからです。 ...
苦手な英語を克服する勉強方法②
英語が苦手な方の勉強方法を解説。 文法や構文、英単語の勉強はあとに回して、まずは記事で紹介している英語の音読をやってみましょう。ちょっとしたコツをつかめれば、英語や英会話の勉強もスムースに身に付きます。

「スーパーエルマー」を終えた段階で、文章解析力、単語力も上がってきているはずです。

なぜ英語が聞き取れないのか?

一方で英会話で一番の難関、それはリスニングなんですね。 例えば、テレビで英語を聞いていて、あとでスクリプトを見るとすごく簡単な文章でどうしてこれが聞き取れなかったの?ってことありますよね。
勉強を始める前に英語が聞き取れなかったのは、単語力もなければ英語の基礎力がないというのが原因なのですが、このレベルだと英語の聞取りの量が少なすぎるのが原因です。
この解決方法は「英語を聞く」ということで、要は沢山聞いて英語のリズムやアクセントや発音に耳を慣れさせるという方法です。
一番有名な教材、かつお勧めの教材はアルクの「Hearing Marathon」です。



これは半年に1000時間を目標にリスニングをするというもので、教材の質も高いのですが、レベルも相当に高いです。 因みに私はこの「Hearing Marathon」を二度も受講しています。 とても大好きな教材というよりも、一度はレベルが高すぎて断念したのですが、一念発起して数年後に再チャレンジしたものです。

Hearing Marthonは中級の方がお勧め!

実は「Hearing Marathon」を受講したものの、あまりのレベルの高さに断念した経験があり、当時もう少し優しいものがあれば、とっかかり安いのにと思っていました。そういう意味ではHearign Marahtonの中級者コースの方をお勧めします。 中級者コースはTOEIC500点程度とれる方なら十分にやっていける質の高い教材ですし、やり終えた時の実力は保証しますよ。


それでも難しいかもという方は初級者コースKikuzoもあります。
ただ、スーパーエルマーを修了した方には物足りないので、お勧めはしません。本当に初級からやりたいという方ようのコースです。


Sponsor Link

今すぐ英会話をやる必要があるんだ!!という方向けの教材

アルクのEnglish Quick Masterシリーズは、そういう方向けの教材としてお勧めできます。本来であれば、お伝えした勉強方法でスーパーエルマーが一押しですが、すぐに旅行に行く、サバイバルEnglishが必要だという方にピッタリの講座です。 このEnglish Quick Masterシリーズがいいのは、単に聞いてテキストを読むというものではなく、このブログで何度も重要性を書いている「音読」が勉強方法のメインになることが良いのです。 無論、教材で紹介されているフレーズも厳選されており、即効性は高い教材といえます。 English Quick Masterシリーズは初級からあるのですが、初級より優しいZeroというコースもあります。下のリンクからは入れますので、のぞいて体験者の声を聴いてみてください。 それでZeroはちょっと簡単すぎるなと思ったら、初級からでも十分行けるはずです。





 

コメント

タイトルとURLをコピーしました