外資系企業に合う人、合わない人

転職
外資系への転職
なぜ外資系企業なのか? 日系企業に勤務していると、外資系特に欧米系の企業への興味も出てくると思います。特に転職を考えている人にとっては、可能性のある候補先の一つになるはずです。 想像の通り日系企業と大きく異なる部分も多々あるのが外資系企業ですね。 一般的なイメージは以下の通りでしょうか 欧米...

外資系企業に合うか合わないか?

結論から言えば、自己管理ができ、課題とやるべきことを明確にして業務を遂行できる能力があれば、大丈夫と言えます。 無論、英語は必要です。

日系の会社と外資系の会社は違うのか?

これは前回の記事でも書きましたが、会社によって程度の差はあれど、日系とは随分違います。
そもそも外資系は新卒の社員を想定しておらず、入社してくる社員は即戦力とみなされます。従って、入社してくる社員向けの講習とか研修というのは、必要最低限しかありません。 どういうことかというと、必要な業務を自分で把握して処理するのは、ある程度必須のスキルで、「入社したばかりだから」とか、「初めてやる仕事なので」という言い訳は殆ど通用しない世界と考えた方が良いです。 むろん、上司はいるので、分からないことは聞けますし、同じ部署でなくとも質問することは当然できます。但し、質問するときは、疑問点や分からない点を明確にして質問するというスキルは当然必要です。「何をしたら良いですか?」「この仕事わからないので教えて下さい」という、いわゆるOpen Question(丸投げともいう)を続ける人は、次第に相手にされなくなります(まあ、これは日系でも一緒ですね)。
纏めると、スキルは当然として、自己管理ができる人ということになります。

時間管理

資系の就業時間は極めて曖昧です。 業種によっては一定の時間にキッチリと就業を求められる会社もあるのですが(例えば、金融業などはマーケットが空いている時間に就業している必要がある職種も多いですね)、概ねフレキシブルだと言えます。
何時に来て、何時に帰ろうが、仕事さえこなしてくれたらいいという風潮で、就業時間中に2時間程度スポーツジムに行くのも全く珍しくありません(自分もそうしていました)。 言い方を変えれば、皆さん自分で時間管理をしている方ばかりですし、日系企業のように上司や同僚が残っているから会社に残るという考え方は一切していませんね。

英語は外資系企業に必須か?

結論は必須です。但し、職種によっては、そこまでの英語力は求められません。 ITなどの技術職や製品の研究・技術職は、英語がそれほどできなくても、その分野のスキルが高ければ採用される傾向にあります。 前回の記事でも書いたように、外資系企業は日本国内のマーケットをターゲットとして活動している場合が多く、その分野でのスキルを優先して英語は今一つでも採用に至るということも見られます。
但し、上級管理職やManagementレベルとなると、本社から派遣されている社員や本社との連絡が必要になるため、英語は必須です。 むろん、仕事上差障りがないレベルであればよく、ネイティブの発音を求められるわけではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました