苦手な英語を克服する勉強方法②

英語・英会話

スラッシュリーディング・同時通訳方式

https://magpoo.com/eigo-benkyouhou/
この記事の続きを説明します。 この記事の中で「スーパーSIM」と「スーパーエルマー」を進めました。 ではなぜこの教材が良いのか、もっと言えばなぜスラッシュリーディングが初心者の英語・英会話の勉強に有効なのか説明します。まず「スーパーSIM」にしても「スーパーエルマー」も共通のコンセプトを持って作られているのですが、その根本となるのはスラッシュリーディングを使った同時通訳方式ということです。

同時通訳方式、スラッシュリーディングと言われてもわからないよ。別に同時通訳になりたいわけじゃないんだけど・・・

スラッシュリーディングは日本人が典型的に学校で習う返り読みではなく、英文を英語の順番で理解していく訓練をする教材と言えます。プロの同時通訳の方は同じ方法で英語を理解し、同時通訳するらしいのですが、私は同時通訳はできないのでこのあたりは分かりません(笑)。
例えば、以下の例文ですが、
①Thousands of people ⑧have been stuck ⑥in their
cabins
⑦under mandatory quarantine ⑤aboard the Diamond Princess, ④which is docked ③off the Japanese port city of Yokohama,② since February 3.
「数千人もの人々が、2月3日以来、日本の横浜港沖に停泊している海外のダイヤモンド・プリンセス号の客室に、強制の検疫の為に留め置かれている。」と訳すのに、英文に振ってある数字の順に解釈していくことをしているのではないかと思います。
これは英語を苦手にしている典型的な読み方で、ちょっとした複雑だったり長い文章だと混乱して訳せなくなってしまいます。また無理やり訳せても間違っていたり、時間がとてもかかりますね。

だって、学校の英文和訳の時ってこうやって習うじゃない?

では、同じ文章を以下の通りに切り分けてみたら如何でしょうか? 分かりやすいように、スラッシュを多めに入れてみますね。
Thousands of people / have been stuck / in their cabins / under mandatory quarantine / aboard the Diamond Princess, //which is docked / off the Japanese port city of Yokohama, / since February 3.
数千人の人々が / 留め置かれている / 彼らの客室に / 検疫中である / 海外からのダイヤモンドプリンセス号 //(それは)停泊している /日本の横浜港沖に /2月3日以来

長い文章のようにも思えたかもしれませんが、一番の基本形であるSVの第一文型を関係代名詞の節がくっついたシンプルな文章ということがわかると思います(ちょっとまだ難しいですかね)。
これを瞬時に読み取り、意味を読み取ることを「スーパーSIM」で訓練するのが一番の目的です。 その為に必要なこと、それが「音読」です。

スラッシュリーディングがなぜ英語初心者に有効なのか?

スーパーSIMやスーパーエルマーに代表されるスラッシュリーディングがなぜ英語が苦手な方に良いのかというと、

  1. 文法や構文の知識がなくとも勉強ができること
  2. 単語の勉強はスラッシュリーディングをする間に自然に覚えられる
  3. 英語の勉強がほぼ音読ということで取っ付きやすい
  4. 音読を継続することによって、文法・構文も感覚がつかめてくる
  5. 従来の日本の学校の英語よりも断然早く英文が読めるようになる

集約すれば、英語や英会話の勉強への障害が少なく、かつ身に付きやすいということにつきます。

英語・英会話の習得には「音読」が一番大切!

大事なのでもう一度言いますが、「音読」です。黙読ではダメで、必ず声を出してください。 3か月もすれば、簡単な英文は頭から理解できるようになっているはずです。
基本的には教材の指示通りのやり方で良いのですが、解説を聞くのに時間をそれほど使う必要ないので、一回2倍速で再生してもいいと思います。
私のお勧めはテキストの音読の時間を1日30分してほしいです。 そして、テキストには何回読んだか「正」を書きこんでください。

同じ英文を何度も読んだら、日本語訳を覚えてしまって、意味がないじゃん

大丈夫。 日本語訳を覚えるのは想定済み。それも

大事なポイントなんですよ。

恐らく4,5回も読めば(おそらく1日でそのくらい音読できますね)ある程度意味を覚えてしまいますよね。それでも、ひたすら音読を続けていきます。恐らく一週間も同じところをやれば、英文自体もかなり頭に入っているはず。
そして何より大事なのが、英文の型が、そしてどこまでを一塊として理解すればよいのかなんとなくわかってくるはずです。

同じ文を読んで2週間後、読んだ英文の中にある英語の構造、そして単語を全て覚えているはずですよ

更に、テキストを読まなくとも英文を読めるほど覚えているはずです(全てでなくてもいいですよ)。
これはとても大事なステップで、英文が頭に入っているということは、その文型の英文は理解にできているということであり、もっと言えばそのパターンの文は英作文もできるということです(英作文は英借文ともいわれていますよね)。

スラッシュリーディングを勉強する参考書は?

「スーパーSim」も「スーパーエルマー」もとても良い教材で、絶対に後悔しないと言い切れるので是非とも購入して活用してほしいのですが

そんなお金ないし、自分に合うかわかんないし、別の教材で試してみたいなぁ

そうですよね。 最近ではスラッシュリーディングの本も沢山でていますよ。 まずは初心者向けの本を紹介しておきます。ただ、注意が必要で、ここで紹介する本で掲載されている英文は簡単なものですので、お勧めです。 何度も繰り返して音読することをお勧めです。更に上のステップに行きたい方は、スラッシュリーディングのやり方に慣れた後別の英語の本を買って、自分でスラッシュを入れて音読することをお勧めします。では紹介します。

文法の参考書を併用する

スーパーSIMなどのスラッシュリーディングのメリットを説明してきましたが、もちろんそれだけだと足りない分もあります。スラッシュリーディングを継続することによって、英語の文法や構文は何とかなく掴めて英語に対する苦手意識はなくなるのですが、その文法の裏付けとなる理屈を知らないと自分で英語を書いたり英会話で使えない状態になります。したがって、スラッシュリーディングをやっていて、何度読んでも、ある英文の構造やどうしてそうなっているのか分からない部分が必ずでてきた場合には、英文法の参考書を使いましょう。

英文法、全然覚えていないし、苦手なんだよ・・・

気が重いな・・・

心配しなくても大丈夫です。 最近はとてもやさしく解説した英文法の参考書がでていますよ、よかったですね。

英語が苦手な方は、早い段階でやさしい英文法の本を読んだ方がいいでしょう(ただし、いきなり文法の参考書から始めないこと)。
次回は「スーパーSIM」「スーパーエルマー」と併用して役立つ英文法参考書はこの記事を参考にしてください。

英文法の参考書 4選
このサイトではスラッシュリーディングを英語や英会話の勉強法としてお勧めしていますが、どうしても文法を確認する場面が必要となってきます。そのための非常に解説がわかりやすい文法書をお勧めしています。大学受験の英文法のように無駄に細かく必要のないものではなく、本当に必要な知識をわかりやすく解説したものに限定しています。 無論、英語が苦手だけどこれから力を入れたいという学生にもおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました