就活 WEB面接の対応はどうする?

就活

就活 - shWEB面接の対応はどうする?

コロナウィルスの影響もあり、最近は大学生の就活でもWeb面接を使う企業が多くなってきました。

大学生の皆さんは就活の面接ですらほとんど経験ないでしょうし、その上Web面接と言われて戸惑っている方も多いと思います。

この記事ではWeb面接の準備と気を付ける点について解説していきます。

Sponsor Link

Web面接とは?

対人の面接ではなく、パソコンやスマホを使って行う面接のことで、会社によもよりますが、面接の方式については対人の場合と変わりません。

すなわち、対人で1-1であればWeb面接でも1-1で、2-2であればWeb面接でも2-2で行われます。そして面接官の着眼点や面接のポイントも変わりません。

Web面接で使われるソフト、システムは?

多くの会社ではSkype for BusinessもしくはCiscoのWebexが使われています。 少し前までZoomというシステムも良く使われていましたが、最近情報漏洩と中国への情報転送をしていたことが問題となり、Zoomを禁止している企業が多くなってきているので最近ではほとんどないと思います。

どうやって使えば良いのと迷う方もいますよね。 基本的にはどのWeb面接システムを使おうと、会社から送られてくるリンクとパスワードを使ってログインするだけですので、難しいことは何もありませんSkypeとWebexシステムのホームページのリンクを張っておきますので、参考にしてみてください

Skype for Business 会議に参加する
ノート PC または携帯電話を使ってどこからでも会議に参加します。会議へのリンクを保存すれば、いつでもどこでも会議に参加できます。
ミーティング - ゲストとして初めて Cisco Webex ミーティングに参加する
Webex ミーティングへリンクを送信したが、Webex アカウントを持っていない場合でも心配しないでください。 ゲストとしてミーティングに参加するのは簡単です。

タブレットやスマホから面接を受ける場合は、事前にアプリをインストールしておきましょう(会社側の設定によってはアプリをインストールしなくても参加できます)。

どちらの方法も面接をする会社から指示がありますので、それに従って事前にアプリや設定をしておけばいいでしょう(何も難しいことはありません)。

Web面接はPCで受けるべきか?スマホでもOKか?

どちらでも構いません。

PCの方が画面が大きい分、面接官の表情がわかりやすいというくらいの違いでしょうか。 私はテレワークでWeb会議をよく使っていますが、スマホでやることも多いですが、全く問題ありません。 ただし、会社からPCを指定している場合はその通りにしましょう。Web面接の中で面接官が資料をUPするケースがあると、スマホだと相当読むのが厳しいので、その点は注意が必要です。

Web面接はどこで受けるべきか?

基本的に自宅で受けるのが良いでしょう。会社側もそれを期待していますし、現在のコロナの状況を考えるとそうするべきともいえるでしょう。

ただし、家だと場所がない、ネット環境がないということもありますよね。 そういった場合は有料のサテライトオフィス、シェアオフィス、場合によっては個室のあるネットカフェを使う必要もあるかもしれません。また大学が開いているようであれば、それも一案だと思います。

いずれにせよ、面接の際に自宅で面接を受ける環境にないことから、外で受けていることをキチンと説明した方が良いと思います。

自宅で受けたいがネット環境が悪い場合

上にて外で面接を受けることも書きましたが、可能であれば自宅で受けることをお勧めします。外で受けると、このご時世、外で受けるとは危機管理ができていないと思われる可能性もあるので避けた方がよいでしょう(無論、外で受けざるを得ないときは、理由を説明すれば問題ありません。)

Wifiですが、短期のレンタルがあります。 参考までにリンクを張っておきます。一番有名なのはWifiレンタルドットコムで、安心できるレンタル業者ですね。 私も使ったことありますが、Web会議など面接にも十分使えるだけの速度がでますよ。参考までにリンクを張っておきますね。
Wifiルータが格安で1日からレンタル可能【Wifiレンタルどっとこむ】

Web面接のメリットと注意すべき点

Web面接は対人の面接と比べて、表情がよくわからなかったり、本人が持っている雰囲気が伝わりにくいというデメリットがあります。

以前の記事で書いた通り、面接官は最初の3分程度で本人の表情や雰囲気、しゃべり方から合否を決める傾向にあるので、そこに自信のある候補者にとってはWeb面接はデメリットが大きいと言えるかもしれません。ただ現実には、その点に自信がある候補者はそこまでいないでしょうから、実はほとんどの候補者にとって逆転のチャンスがあるとも言えます。

就活で自己PRやガクチカは重要ではない①
就活で一番のポイントとしてガクチカや自己PRの大切だという説明をよく聞きます。中にはそのための商材も売っているようですが、ここではガクチカや自己PRがそんなに大事なのかということを面接官の目線から説明します

やはりWeb面接の一番の大きなメリットは、自分がアピールしたい点や志望動機などを書いて横に置いて面接を受けることができるということでしょう。

ただ、これも注意する必要があります。

一番やってはいけないことは、完全な文を作成して読むということです。  例えば自己PRや志望動機を聞かれて、この文書を読んで答えたとしましょう。これはどんなに上手くやったと思っても面接官には絶対にバレます。そして印象は最悪です。

お勧めは、自分が言いたいこと、主張したいことを箇条書きにしておくことです。決して文章にしてはいけません。

それを印刷してカメラの後ろ側にセットして、その紙を見てもカメラへの目線が不自然にならないところに置くようにしましょう。

その箇条書きを準備して、自分で文章にして面接官に説明する練習を何度もしましょう。 友達や家族に手伝ってもらい(できればライン電話やFaceTimeなど)、何度もやればとても自然にできるようになるはずです。

対人だと何も読むこともできず、かつ緊張しやすいですが、Web面接だと練習すれば周りに差をつけることができますよ。

頑張ってくださいね! Good Luck!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました