転職すべきか否か

転職

転職すべきか、そのまま今の会社で頑張り続けるべきか?

皆さん悩まれる問題ですよね。
これに対する正解は、「本人次第」!です。
確実に言えることは、転職には相当のエネルギーが必要、かつ新天地が本当に良いかどうかは入社して暫くしないと分からないということです。

具体的には、

  • 転職活動に費やす時間と労力、
  • 退社する際の手続き、
  • 入社してからの人間関係の構築、
  • 前の会社と全く異なる社内手続きや仕事の進め方の習得、そして職種を変えた場合には、全く新しい仕事に対峙しなければならないという現実、
  • 更には中途採用として即戦力として期待されている、というプレッシャーにも耐えて成果を出す必要性

これら一部に過ぎず、私のようにコテコテの日系から外資系で、かつ業界を変えた人は、仕事面のみならず文化の違いや、海外の本社との関係という問題にも直面することになります(外資系への転職の記事はこちら)

外資系への転職
なぜ外資系企業なのか? 日系企業に勤務していると、外資系特に欧米系の企業への興味も出てくると思います。特に転職を考えている人にとっては、可能性のある候補先の一つになるはずです。 想像の通り日系企業と大きく異なる部分も多々あるのが外資系企業ですね。 一般的なイメージは以下の通りでしょうか 欧米...

こういった転職のよって受けるであろうストレスを超える大きなメリットが得られるのでなければ、転職すべきではないというのが私の考えです。

転職するかどうか、エージェントやコンサルに相談する?

上で書いたような問題点や悩みを転職エージェントやコンサルに相談するかという問いに、「Yes」と答えた方。
残念ながら転職をお勧めしません。 よほどのことがなければ、今の会社にいた方がいい結果になるはずです。
転職にあたってとても大事なことですので、よく覚えておいて欲しいことがあります。それは、
エージェントやコンサルは所詮他人です。
ましてや彼らはあなたが転職することによって報酬を稼いでいるのですから、極端なことを言えば、転職させる方向にアドバイスがいってしまう傾向にあるということを忘れてはいけません。
そして、彼らにはあなたが今どのような苦労、問題点を抱えていて、それが転職によってどうなるのかというのは分からいのです(給与や待遇を除いては)。

では、何を考えて転職を考えてたらいいの?

これも人それぞれですよね。 ぱっと思いつくだけでも次の通り。

①  仕事に比べて給料が安い(もっと良い待遇の会社へ行きたい)
② 上司、同僚とうまくいっていない(人間関係の悩み)
③ 本来やりたい仕事ではない
④  新しい事にチャレンジしたい
⑤  会社の業績が悪い
⑥  ブラック企業
⑦  昇進の見込みがない(あ、MagPooのことか(笑))

だいたいこのくらいでしょうか。もっとあるかもしれないですし、この組み合わせもありますね。 この中で⑤と⑥は、もう早く転職活動した方がいいです。すぐにエージェントに連絡を取ってください② ~④については、社内の他部署に異動を申し出て、その問題を解消できるかどうか検討してみることも大切だと思いますよ。
無論、どのような理由であれ(なくても)、転職活動を始めるのは全く問題ないですし、マーケットを知り、そこでの自分の価値を知るというのは、最終的に転職をするしないにかかわらずとても大切なことですので、お勧めです。⑦についてはアラフィフの方が多いですよね。この場合、どこまで自分でリスクを取れるのかを判断して行動したらよいと思います。 別の言い方をすれば、昇進や出世は諦めて、窓際に徹するというのも一つの考えですね(でも、いろいろあって、完全な窓際ってなかなかないんですよね)。 けど、アラフィフだからこそ、(最後の)挑戦をしたいという気持ちもわかります。
次は、転職活動をどのようにすればよいのか、またエージェントとどのように付き合えばいいのかについて、記事をかきます。

年代別の転職戦略
      転職適齢年っていつなの? さて、そもそも何故転職するのかというのはとても大事ですよね。 今の職に不満がなければ、転職なんて面倒で疲れることなんて、誰もするはずありません。そこで過去の自分を振り返ってみますと、一回目の転職の時、これは当時勤務していた会社の経営状況の不安から転職したという状況でした。この...
転職活動 どうやって始めるか?
転職活動どうする? 実際の転職活動ですが、実は思い立ったらそれほど難しくありません。自分の仕事とキャリアが市場のニーズに合えば、それなりに求人はあるものです。 結論から言えば、エージェントを使うのが一番の早道です!! 既に意中の会社がある場合 既に意中の会社があるのであれば、そのホームページにアクセスして...

コメント

タイトルとURLをコピーしました