年代別の転職戦略

転職

Sponsor Link

      転職適齢年っていつなの?

さて、そもそも何故転職するのかというのはとても大事ですよね。 今の職に不満がなければ、転職なんて面倒で疲れることなんて、誰もするはずありません。そこで過去の自分を振り返ってみますと、一回目の転職の時、これは当時勤務していた会社の経営状況の不安から転職したという状況でした。この記事を読んでいる方にもどうして転職したいのか、ぜひとも考えてほしいと思います。

  • 上司が嫌だから
  • 違う職種に転換したい
  • 全く新しいことにチャレンジしてみたい。
  • このままいても展望が見えない
  • 待遇が不満
  • 会社が潰れそう

いろいろあると思います。どんな理由であれ、転職はそれなりに厳しい面があることを覚悟する必要があります。転職活動だけでなく、実際に入社してからもです。

それでは、自分の経験から各年代の転職について考えたいと思います。

20代での転職

① これといったスキルがない限り、第二新卒として見なされる可能性が高い。

② 20代後半でそれなりのスキルを持っていれば、戦力として採用される。

但し、スキルがそれほどでなくとも、若さを重視し、将来性を期待して採用されることが多い

これといったスキルがない20代 の場合どう活動するか?

中途採用の担当をしていたので採用する側の考え方を教えます。

当然のことながら、会社が中途採用を募集するには理由があります。 そして多くの場合、一定のスキルを持っている方を期待しているのは間違いなく、そういう意味で大学新卒の20代前半は厳しいといえると思います(高卒で、それなりの業務経験とスキルがある方は無論チャンスありです)。

一方で、新卒の採用で予定人数採用できなかった会社や、今でも人手不足が続いていて会社で教育するのでスキルは問わないという場合は、第二新卒的な採用は期待できます(特にベンチャー系、IT系はその傾向にあり)。ただ、世間でいう大手企業はこのパターンでの採用はほとんどしていません。もし大手を狙うということであれば、我慢して今の職場でスキルをあげることを考えた方がいいでしょう。むろん、配属された部署がやりたい仕事ではないという場合であれば、転職を考えましょう。

リクルートやネオキャリアは第二新卒に絞った転職紹介サービスもしているので、利用してみても良いかと思います。

ここに紹介しているGreek Jobは未経験者でもプログラミングのトレーニングを無料で提供して、転職先も紹介してくれるサービスをしてくれるエージェントですので、職種を変えて出直したいという第二新卒の方にはお勧めのエージェントです。

ネオキャリア第二新卒エージェントneo

職場がブラックな場合、これは選択肢がないので、全力で転職先をみつけましょう。ブラック企業の見つけ方は、この記事を参考にしてください

ブラック企業の見分け方
ブラック企業にはいくつかの特徴がありますが、多くのブラック企業の場合内部の規則も採用も杜撰な場合高いのです。とすれば、採用時の過程が丁寧で面倒な会社というのはブラックでない可能性が高いのです。
ブラック企業を辞めるには?
ブラック企業を辞めるのは簡単です。 辞表を提出するだけ。それでも精神的に辞職を言い出せない方は専門のサービスを提供している業者を使うのも一案です

30代での転職

一番の売り時です。30代は転職市場では最もチャンスがある年代だと思います。以前は35を超えると厳しいという話もありましたが、最近に限って言えばそんなことはありません。要は会社側の求めるスキルと本人のスキルが合致するかということにつきます。 経験から言えば、業種は異なっていても職種が一緒であれば、本人のスキル次第で十分に採用されます。

30代も中盤から後半だと、管理職としての経験を求められる場合もあるので、現在の職場でマネジメントの経験があれば、それはかなりのプラス評価となります。 私は30代前半で一度目の転職をしています。

40代の転職

まだまだ求人は多い世代です。35以上は厳しいといわれていた時もありましたが、最近は様子もすっかり変わり、35以上40代でも転職は多いです。 実際私も40手前で2回目の転職しています。

ここで求められるのは間違いなく職種に関するスキルのみならず、マネジメント経験です。名ばかり管理職ではなく、実際に部下をマネジメントした経験が重視されます。

40代前半で専門職であれば、必ずしもマネジメント経験がなくても採用されるケースはありますが、弁護士、会計士、税理士やエンジニアなどといった「手に職」系でないと厳しいでしょう。50代以降は明日にでもUpしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました