TOEICで800点を目指す勉強法 (リスニング編)

英会話
Sponsor Link

TOEIC 800点を目指すリスニング勉強法

リーディングは何とか400点取れるんだけど、リスニングがどうしても・・・

こういった悩みを持っている方、多いと思います。リーディング編の記事でも書きましたが、自分の得手不得手を考えてリーディングとリスニングの目標点を設定するのが大事です。 例えばあと100点目標の800点に届かないとして、リーディングとリスニングのどちらを何点伸ばせば良いのかそれぞれに目標を設定してください。 リーディングが得意であればリーディングを重点的に伸ばしてリスニングをカバーするのも一案です。

リスニングが苦手な原因を考える

原因って、リスニングって英語に耳が慣れていないからじゃないの?

もちろんそれもあるんだけど、ほとんどの場合、それ以外の問題が原因となっている場合が多いんですよ!

まず模擬テストでも問題集でも良いのですが、間違えたリスニング問題のスクリプトを全文見直してください。 その見直しの際に抑えるべきポイントは、

  1. 知らない単語がどれくらいあるか
  2. スクリプト文章がスムースに読めて、意味が理解できるか

それぞれ、この2つのチェックポイントの意味と対策について考えます。

知らない単語がどれくらいか?

実はリスニングで点が取れない方で一番大きな原因は語彙力がないということなのです。 当然のことならが、「知らない単語は聞き取れない」ので、リスニングの点数は伸び悩むことになります。 おそらく知らない単語が多い方は、2の文章が読めるというところにも当てはまるケースが多いと思います。

実はTOEICのリスニングで使われる英文はそれほど難しいものはなく、単語自体も極端に難しいものはほとんど使われていません。 600点くらいまではTOEICに慣れることで、単語力が多少不足していてもとれるのですが、800点超に関しては単語力なしにはまず無理です。

となれば対策は明らかですね。リーディング編の記事でも紹介した本のリンクをあげておきますね。

スクリプト文章がスムースに読めて、意味が理解できるか

当然と言われるかもしれませんが、英語は読めるスピード以上で聞き取ることができませんリスニングのスクリプトを読んで、スムースに解釈できない場合は、①文法の知識ならびに構文を掴めていない、②返り読みをしている、という原因が考えられ、文章を理解するスピードが遅いことが原因です。 ちなみに、スムースに読めないというのは、リスニングの問題を時間内に解くのと同じ時間で読んで理解できない状態のことを言います。

この状態でいくらリスニングの教材をやったとしても、それほどスコアの上昇は期待できないと思います。 この原因が当てはまる方は、リーディング編の記事を読んで頂きスラッシュリーディングを勉強してみてください。 記事にも書いていますが、スラッシュリーディングには声を出して音読することが一番大事です。

TOEICで800点を目指す勉強法 (リーディング編)
英語の基礎力があるのに800点が取れないという方向けの記事です。リーディングに関しては、概ね単語力の不足とリーディングスピードが遅いことの二つに原因が絞られます。 それぞれの原因について、勉強法を解説していますの。

リスニングの勉強方法

上で説明した2つに当てはまらない方は、英語のアクセントとリズムに慣れていないことが原因です

ここからが本当のリスニングの勉強ですね。単語力もある、英文を読むスピードもあるという方は、英語を耳に慣らせば目標達成は難しくないですよ。 まずは本番に準拠した問題に数多く当たってみてください。基礎力のある方はこれだけでも、一気に伸びることが多いです。このアルクの問題集はリスニング問題だけを集めたもので、レベルも本番なみですが、とても解説が丁寧ですし、実際の問題を解く際の対策をPart毎に説明がありますので非常にお勧めです。 問題を数多くこなしたい方、更なる高得点を狙いたい方は、リスニングのPart別の問題集もおすすめです。 信頼のアルクの教材ですので、間違いありませんよ。

問題集だけでは、まだスコアが伸びないという方。 一からリスニングに取り組んで、英語のアクセントとリズムを徹底的に勉強する方法もお勧めです。 お勧めはやはりアルクのヒアリンマラソン中級コースです。 参考までにリンクを張っておきますね。
ヒアリングマラソン 中級コース
リーディング編でもお勧めしたTOEICコースもお勧めです。 このレベルであれば900点コースを狙うのもとても良いアイディアです。 900点を超えれば、これは就職試験でもかなりのアピールになるれべるです。

【全額返金保証付き】アルクのTOEIC(R) TEST 完全攻略シリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました