TOEICで800点を目指す勉強法 (リーディング編)

英会話

TOEIC800点を目指すには

600点を超えるスコアが取れるようになれば、英語の基礎力はかなりついて来ていると考えていいです。 次に目指すのは700点ですが、勉強自体は800点を目指してやりましょう。というのも600点から700点に点数を上げるのは、TOEICを何回も受けることによって達成できたりすることもあるので、800点を目指して勉強するべきです。

Sponsor Link

600から800点に伸ばすには、自分の弱点を見つけること

既に600点を取っているわけですから、何が自分の弱点なのかわかっているはずですよね。

800点となるとReadingもListeningも穴がないようにする必要があります。まずはReadingとListeningに分けて勉強方法を考えていきましょう。

Readingを400点以上目指すには

多くの日本人の場合、Readingの方がListeningよりも点数が高い場合が多いと思います。そしてListeningが苦手な場合、どうしてもReadingで点数を稼ぐ必要があるので、450点程度が目標でしょうか。

Readingが伸びない理由の大半は単語

TOEICは様々な種類の英文が出題されますが、基本的に日常使う英文をベースにしていますので、英文自体は難関ではありません。ただし、問題数が時間に比して多いので、テンポよく解答しないと時間切れとなりますね。 ではなぜ、時間が足りなくなるのか? これにはいくつか理由がありますが、概ね次の3つに集約されます。

  1. 返り読みをしている
  2. 基礎文法力がない
  3. 単語力がない
返り読みの克服(スラッシュリーディング)

1の返り読みの弊害については、下の記事を読んでほしいのですが、日本の学校で習う英文和訳方式で読んでいるとスピードは極端に落ちて、時間内に解くことはできません。 返り読みを克服するには、やはりスーパーエルマーを勧めます。

教材の内容 | TOEIC 対策 | スーパーエルマー
スーパーエルマーの教材内容をご紹介してい...

600点レベルの方でも十分に使える教材ですよ。要はスラッシュリーディングという英文を頭から読むスキルを身に着ける方法なのですが、英語が苦手でも、音読しながら学習することによって英語構文までも身についてしまうという一番お勧めの勉強方法です。

スラッシュリーディングはこちらの記事で詳しく説明しているので、一度読んでみてくださいね。

もっと安くそのスラッシュリーディングを身に着けたという方には、この本がお勧めです。 この本の難点はレベルがかなり優しいので、TOEIC800点を目指すには物足りないので、あくまでもスラッシュリーディングを身に着ける目的で使ってください。 スラッシュリーディングのやり方がわかれば、TOEICの実際の英文に自分でスラッシュを入れて音読するのも効果的です。

 

TOEICの為の英文法

2の文法力は大学受験ほどの細かい文法知識は必要ありませんが、Part 5とPart 6は文法問題が多く出題されます。このPart5とPart6で如何に時間を稼ぐかということが大事なのですが、語彙力と文法力があれば、かなり早く解けるはずです。ここで時間を費やすようだと次のPart 7の読解問題での時間が相当厳しくなります。 TOEICの英文法は大学受験で英語が得意な方はそれほど難しく感じないのですが、TOEICから英語を始めた方などはやはり文法の基礎を学ぶことが早道となります。所謂基礎レベルの英文法なので、文法書を一冊使用し、あとはTOEICの文法問題集をやれば良いでしょう。 このレベルにお勧めの文法書は概ね全分野をカバーできしかも非常に読みやすいEvergreenです。


お勧めの文法問題はやはりアルクのこの問題集をお勧めします。やはりアルクは質がいいです。文法問題は得意だという方はあえて文法だけの問題集をやる必要はなく、TOEICの総合問題集を解くだけでも十分です。 この本は難しめなので800点を目指す方には最適だと思います。 600点以下だとちょっと難しく感じると思います。

TOEICの英単語

3の単語力がやはりすべてにおいてネックとなる可能性が高いところです。 結局のところ単語力がないとPart 5、Part 6の語彙や文法の問題でも躓きますし、Part 7の読解でもわからない単語を推察していかなければならないので、時間がかかるのと精度がかなり落ちます。 また知らない単語は聞き取れないので、単語力がないとリスニングのスコアものびないです。一番単純かつ苦痛な勉強ですが、効果は着実に表れます。 単語集はキクタンTOEIC800の一択でいいです。 音声もあり、例文や類義語も豊富で間違いなく良著です。 アプリもIOS、アンドロイドから出ています。

キクタン TOEIC® Test Score 800 (発音練習機能つき) ~聞いて覚える英単語~ - Apps on Google Play
■ アルクの人気書籍『キクタン TOEIC® Test Score 800』が音声認識機能を搭載し、新登場! ■ 無理に覚えようとしなくても、自然に英単語が暗記できる立体的な学習システム! ----------------------------------------------------------------...

800点以上を目指す方にお勧めのTOEIC通信教育

前回の記事でも紹介しましたが、やはりアルクの通信教育は定評があります。 何と言っても質が高く、実績もありますね。 点数別のコースになっていますが、800点を目指すかたは900点を目指すコースをやっても十分成果が期待できます。 またスコアをクリアできなかった場合、返金保証というのも教材の質に自信がある証拠ですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました